【結婚】”get married”vs”marry”の意味と正しい使い方【1日1フレーズ】

ENGLISH

こんにちわ。タイボーイです。

今回は『get married (to someone)』『marry (someone)』の意味・使い方について解説していきます。

これらのフレーズの意味は以下の通りになります。

『get married (to someone)』=「(〜と)結婚する」

『marry (someone)』「(〜と)結婚する」「〜と結婚してくれる」

※両方のフレーズの意味は同じでもフレーズを使う際微妙なニュアンスの違いがあります。以下の例文で解説します。

このフレーズを知っている、知らないで大幅にあなたの英語力が変わります。

これを機会にこのフレーズの意味・使い方をマスターし少しづつネイティブ英語に近づいていきましょう!

それでは例文を交えながら
『get married (to someone)』『marry (someone)』
の使い方・違いについて説明していきます。

『get married (to someone)』

例文

A:I can’t believe finally I’m getting married to her soon.

もうすぐ遂に彼女と結婚するなんて信じられないよ。

B:Right. I can’t wait to see the wedding.

そうだよね。結婚式まで待ちどうしいわ!

「NG集」
※日本人が間違えがちな『get married (to someone)』を使ったセンテンス

×I got married with someone.

withを使っての表現はNGです。気をつけましょう。

I got married to someone.

※『got married (to someone)』=〜と結婚した

『marry (someone)』

例文

A:Will you marry me?

僕と結婚してくれますか?

B:Yes!

はい。お願いします。

※この例文は典型的な文だと思います。marry(結婚)の後にme(私と)を置くことで私と結婚してください。と言った意味なります。

「NG集」
※日本人が間違えがちな『marry (someone)』を使ったセンテンス

×I married with someone.

×I married to someone.

withまたはtoを使っての表現はNGです。

I married someone

※『married (someone)』=〜と結婚した

『まとめ』

いかがだったでしょうか?

今回習ったフレーズ『get married (to someone)』『marry (someone)』は日常会話で非常に使えるフレーズです。

これらのフレーズは同じ意味でも微妙な違いがあるので注意しましょう。注意ポイントは以下の通りです。

※『get married (to someone)』は
ニュアンスとして(誰か=相手と)結婚式で結婚するといったイメージが強いです

※『marry (someone)』は
ニュアンスとして(誰か=相手と)妻・夫として正式に一緒になるイメージで使います。

例文『get married (to someone)』の場合

Aさんが「もうすぐ結婚(結婚式)をするのは信じられない」とBさんに伝えると、Bさんは「結婚式が待ちどうしいよ」と話ししています。

このように結婚式をする前提で結婚をする=結婚式を通じて結婚する時に使えるフレーズが『get married (to someone)』です。

例文『marry (someone)』の場合

Aさんが「結婚してください』とBさんに伝えると、Bさんは「お願いします」と承諾しています。

このように(誰かと)夫婦として二人が一緒になる瞬間、状況の時に使えるフレーズが『marry (someone)』です。

使い方はかなりシンプルです。また日常会話でよく使われるフレーズですのでチェックしときましょう!
※英語圏ではこのフレーズを非常に頻繁に使います。(ネイティブがよく使う=自然な日常会話の表現)

今回学習したフレーズをうまく使えるようになれれば今以上にネイティブ英会話に近づく事ができます。
※覚えておくとかなり便利なフレーズです。

皆さんもぜひ学習したフレーズを積極的に使い英語力を向上させていきましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました。

それでは!! 『Have a good day! I hope to see you soon!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました